So-net無料ブログ作成

椿田城(栃木県佐野市) [古城めぐり(栃木)]

DSC09318.JPG←堀跡
 椿田城は1560年に福地寧久が唐沢山城の支城として築いた平城である。河越城忍城館林城などの小田原北条氏に対する押さえの役目を負っていた。福地氏は16代の仲久のとき佐野盛綱に客将として招かれ、以来信任が厚かったという。1614年に佐野氏が改易になると椿田城も廃城となったが、福地氏はそのまま名主として城跡内に屋敷を構えて居住し、現在に至っているという。
 北条氏に対する押さえというが要害堅固な城というわけではなく、単郭方形居館であったらしい。土塁は明確には残っておらず、廃城後に削平されてしまったのかもしれない。周囲に堀跡が残っているのが唯一の遺構である。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:https://maps.gsi.go.jp/#16/36.282613/139.557009/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0