So-net無料ブログ作成

本間屋敷(神奈川県厚木市) [古城めぐり(神奈川)]

DSC00051.JPG←日蓮にまつわる「星の井戸」
 本間屋敷は、鎌倉時代の御家人本間六郎左衛門重連の本屋敷と推定されている。本間氏は海老名氏の一族で、海老名源八季定の二男右馬允能忠が本間村に分封されて本間氏の祖となったとされる。重連は能忠の子忠家の六男に当たり、六郎左衛門尉を称した。本間氏の館は、金田・中依知上依知の3ヶ所にあったと伝えられ、金田のものが本拠で、交通の要衝であった中依知・上依知には一族か家臣の者を配置した可能性があるらしい。また、1271年に日蓮上人が佐渡配流となった際に、佐渡守護大仏宣時に預けられたが、実際には守護代の本間重連がその護送の任に当たり、その途次、依知郷の本間屋敷に滞在したと言う。その後、本間氏は日蓮に帰依して、3ヶ所の屋敷を全て寺としたとの伝承が残っている。本間氏は室町時代まで続いたが、永享の乱で海老名氏と同じく鎌倉公方足利持氏方に付いて敗れ、没落した。
 本間屋敷は、現在の妙純寺の地と考えられている。遺構は残っていないが、周囲には堀ノ内・中屋敷・宿屋敷・東屋敷などの字名が残り、屋敷地であった名残りを漂わせている。また寺の境内には、本間重連の廟所や日蓮が滞在した折の逸話にまつわる「星の井戸」が残っている。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/35.464707/139.366325/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f0
タグ:居館
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント