So-net無料ブログ作成

江尻城(静岡県静岡市清水区) [古城めぐり(静岡)]

DSC04576.JPG←解説板と城址付近の現況
 江尻城は、小芝城とも言い、甲斐武田氏が築いた平城である。駿河の戦国大名今川義元が桶狭間で討死した後、今川氏の弱体化を見た武田信玄は、1568年、三国同盟を破棄して駿河に攻め込んだ。今川氏真を掛川城に逐った信玄は、一旦は駿河府中を制圧したものの、今川勢の抵抗と小田原北条氏による今川方への援軍によって甲斐に撤退を余儀なくされ、1年後、再び駿河に侵攻してようやく今川領を支配下に置いた。この時、東の北条氏と西の徳川氏に対抗するため、蛇行する巴川を利用して江尻城を築いた。1578年、武田勝頼は越後上杉氏の後継争い「御館の乱」を巡って再び北条氏と対立関係となり、軍事的緊張の高まりに伴って城将の穴山梅雪は江尻城を大拡張し、「観国楼」と呼ばれる巨大な高層の楼閣を築造した。1582年、徳川家康が西から侵攻してくると、梅雪は家康に降って江尻城を明け渡した。その後、徳川氏、豊臣氏の持ち城となり、関ヶ原合戦後の1601年に廃城となった。
 江尻城は、現在は市街化で遺構は完全に湮滅している。往時の江尻城は、信濃長沼城などと同じく武田氏の平城の典型で、川を背に負った梯郭式縄張りで、三方に丸馬出を設けていたと推測されている。江尻小学校が本丸に当たるが、既に道路配置からも城の縄張りは全く追えなくなっている。わすかに解説板と石碑と二の丸町などという地名のみが、城の名残を伝えている。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/35.021175/138.479866/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

コメント 2

○十年前の卒業生

はじめまして。江尻小学校の卒業生です。同窓生を探していたら偶然見つけました。
 >>わずかに解説板と石碑と二の丸町などという地名のみが、城の名残を伝えている。(編集しました)>>
 え?っと思って他のブログを見たら、『城の名残りの石垣が江尻小学校校舎の南西に あったと、伝えられている。』なんていう記述を見つけました。

 小学生のころ、その石垣は私の遊び場でした。プールの横から小芝神社に抜けるその石垣はちょっとした裏道で、お昼休みにはその石垣をよじ登って学校を抜け出して神社で遊んで、また石垣をよじ登って戻ってきて何食わぬ顔をして午後の授業に出る。なんて遊びをしていました。のどかな時代でした。
 城跡だということは何度も教えられていましたが、石垣が名残だなんて思ってもみませんでした。

 石垣、なくなってしまったのですか。残念です。『伝えられている』・・私には大事な遊び場所だったのに、悲しい限りです。

 小学校の成績表の表紙は、航空写真で、お城の郭がはっきりわかりました。その成績表は誰にも見せずに大事にとってあります。
 今考えると貴重な思い出だったんだなあ。

 もう数十年前のお話でした。
by ○十年前の卒業生 (2013-07-13 01:42) 

アテンザ23Z

>○十年前の卒業生さん
当ブログをご訪問&コメ頂きありがとうございます。
また、貴重なお話もありがとうございます。

数十年前までは、石垣が残っていたのですか?
今では消えてしまった貴重な遺構が、
思い出の中だけでも消えずに残っているというのは、
素晴らしいことですね。

郭跡がはっきりわかる写真の載った小学校の成績表というのも、
超レアな宝物ですね。

そうした縁のある貴重な思い出、いつまでも大切にしてください。
by アテンザ23Z (2013-07-13 22:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント