So-net無料ブログ作成

笹岡古城(静岡県浜松市天竜区) [古城めぐり(静岡)]

DSC07143.JPG←山頂の主郭らしき平場
 笹岡古城は、歴史不詳の城である。一説には、戦国時代初期に斯波氏、今川氏が戦略拠点とした「二俣城」とは、この笹岡古城のことを指しているとされる。現在の天竜区役所の敷地からその背後の本城山にかけての一帯が城跡であったが、本城山の詰めの曲輪以外は、区役所建設の際に城地の大半が破壊され、遺構はほとんど残っていないとされる。
 しかし本城山はともかくも山容を留めているので、遺構がないかと周囲を探索したところ、本城山の背後の尾根に伸びる道があり、そこから尾根鞍部に取り付くと、山中の散策路があり、その入口に小堀切状の切れ込みがある。ここから山裾にかけて平場が広がっており、腰曲輪だった可能性がある。その背後は急峻な岩場の断崖となっており、そこを迂回して斜面を直登すると、頂上には鉄塔などの建つ平場が広がっており、これが主郭(詰ノ丸)であったと思われる。主郭前面には小さな建物と鉄塔の立つ一段低い平場があり、ニノ郭であったと考えられる。その前面にも、帯曲輪・腰曲輪らしき平場が数段残っている。ここから山道が降っており、辿ってみたら最初に尾根へと登った道の途中に出た。もしかしたらこれが大手道だったかもしれない。その他では、区役所の脇に高台が残っており、曲輪の一部だったとも言われているが、現在では破壊が進み、確かめる術がない。
腰曲輪らしき平場→DSC07152.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/34.873433/137.815021/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
タグ:中世平山城
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント