SSブログ

津谷楯(宮城県気仙沼市) [古城めぐり(宮城)]

IMG_1888.JPG←巨大な三重横堀の一つ
 津谷楯(津谷館)は、獅子ヶ楯(館)とも言い、津谷村の豪族米倉氏の居城と伝えられている。米倉氏の出自については諸説あり、『峰仙寺縁起』や『米倉系譜』によれば、南北朝時代に葛西氏家臣の薄衣内匠亮清村が米倉氏を名乗り、1326年に津谷村に移館し、その後、次男の米倉玄蕃持村が津谷・平磯・岩尻三村を所領して、1372年に津谷楯に居したと言う。また城主の名は米倉左近将監とも伝えられる。いずれにしても、葛西氏の家臣としてこの地に勢威を振るい、1590年の豊臣秀吉による奥州仕置で葛西氏が改易になると没落した。その後の「葛西大崎一揆」に加わった武将の中に「米倉右近行友」の名が見え、結局は蒲生氏郷の奥州仕置軍に敗れて滅亡したと考えられる。

 津谷楯は、舘岡と呼ばれる比高40m程のなだらかな丘陵上に築かれている。頂部の主郭は公園化されて忠魂碑が建ち、その下の一段低いニノ郭には福祉センターが建っていて、城の主要部はかなり改変を受けている。福祉センターの南側にも民家や畑の平場が見られ、腰曲輪だったものと考えられる。この城で特徴的なのは、西側斜面に穿たれた大規模な三重横堀で、最大で深さ8m程もある。北側では内側の2本が合流して1本となっており、二重堀切となって背後の丘陵基部との間を遮断している。三重横堀の南側には、大竪堀が穿たれて、横堀先端を断ち切っている。竪堀の南側にも二重横堀が穿たれ、その先にも竪堀が落ちている。2本目の竪堀の先も横堀1本が伸び、前述の腰曲輪付近まで来ているが、その先は埋められて改変されている様だ。一方、昭和20年代前半の航空写真を見ると、横堀は主郭背後を円弧を描いて東側まで伸びているらしく、東側の山林にも遺構が眠っている可能性があるが、未確認である。いずれにしても、堀の規模・構造は戦国大名の北条・武田の城並みの豪壮なもので、地方勢力の構築にしては大き過ぎる。地方豪族の権力というものを考察する上でも興味深い城である。
横堀を分断する大竪堀→IMG_1886.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=38.796022,141.505923&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0

※東北地方では、堀切や畝状竪堀などで防御された完全な山城も「館」と呼ばれますが、関東その他の地方で所謂「館」と称される平地の居館と趣が異なるため、両者を区別する都合上、当ブログでは山城については「楯」の呼称を採用しています。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント