So-net無料ブログ作成

長畝砦(群馬県甘楽町) [古城めぐり(群馬)]

IMG_9328.JPG←堀跡と櫓台
 長畝砦は、小幡城の北側を守る砦とされる。しかし「小幡城」とは普通、江戸時代に織田氏が築いた陣屋のことを指すが、戦乱が遠ざかり幕政が安定した時期にわざわざ砦を築くことは考えられないので、おそらく国峰城のことを言っているのだろう。また長畝砦は八幡山砦と対になっていたらしく、八幡山砦を「上の城」と称するのに対して「下の城」とも呼ばれていた様である。

 長畝砦は、比高15m程の半島状に突き出た丘陵の先端部に築かれている。以前は牧場となっていて立入禁止になっていたらしいが、現在は貸し農園になっていて進入可能となっている(但し先端の一部だけ羊牧場になっていて進入不能)。砦跡も農園化されているのでかなり改変を受けているものの、台地基部との間に堀切跡が窪地状の地形となって残り、櫓台らしい大きな土段も残っている。周りには一段低い腰曲輪が残っているが、その他には明確な遺構はなく、往時に全周していたと思われる土塁と空堀はかなり失われてしまっている。砦跡からの眺望は素晴らしく、西には内匠城、南西には国峰城、南東には一郷山城八束城天引城などの西上州の諸城砦が一望できる。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.240310/138.921454/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1


関東の名城を歩く 北関東編: 茨城・栃木・群馬

関東の名城を歩く 北関東編: 茨城・栃木・群馬

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 吉川弘文館
  • 発売日: 2011/05/31
  • メディア: 単行本


タグ:中世平山城
nice!(7)  コメント(0)