So-net無料ブログ作成

小中城(群馬県みどり市) [古城めぐり(群馬)]

IMG_2185.JPG←城址付近の現況
 小中城は、黒川谷の郷士が築いた黒川八城の一つで、松島淡路守の城と伝えられる。松島氏は、深沢城主阿久沢氏と並ぶ黒川衆の旗頭的存在で、五覧田を本拠としていたが、小中城の松島氏はその一族であったと思われる。一説には、小中松島氏が本家であったとも言う。それ以外の詳細は不明であるが、黒川谷に桐生氏が進出すると桐生氏に服属し、桐生氏滅亡後は由良氏に属し、由良氏が1583年に小田原北条氏から離反すると、北条氏に服属したのだろう。

 小中城は、比高50m程の広い段丘上の一角にあったらしい。しかし現在段丘上は一面の耕地となっており、遺構は全く見られない。居館を置くには好適な地勢だが、遺構が見当たらない以上、どこに居館が構えられていたかも判断できない。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:https://maps.gsi.go.jp/#16/36.537157/139.336746/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城

ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2018/06/19
  • メディア: 単行本


タグ:居館
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント