So-net無料ブログ作成

高子岡城(福島県伊達市) [古城めぐり(福島)]

DSC00438.JPG←堀跡?
 高子岡城は、伊達氏の祖伊達念西朝宗の居城と伝えられている。1189年、念西は源頼朝の奥州征伐に子息を率いて参加し、阿津賀志山合戦などで戦功を挙げ、伊達郡を賜った。伊達郡に入部した念西は、高子岡の地に城を築いて居城とし、中村の姓を伊達と改めた。後、3代義広は、居城を粟野大館に移したとされる。
 高子岡城は、後に奥州切っての大族となった伊達氏の草創時の居城で、平野の中の独立丘陵に城を築いていたようである。遺構ははっきりせず、いくつかの平場が確認できるだけであるが、この平場も耕地化や八幡宮造営で改変されたものである可能性があり、何とも言い難い。麓には堀跡のような畑もあるが、これもよく分からない。頂上には、丹露盤と言われる巨石が転がっているが、当時からあったものだろうか?独立丘陵だけあって、頂上からの眺望は見事で、周囲の平野部を手に取るように見据えることができる。遺構はなくとも城を築くに絶好の地勢であることは、間違いない。
高子岡城遠景→DSC00443.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/37.811089/140.525200/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1
nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント